アルバム「もう愛も優しさもいらないよ」作品解説

前作のアルバム「何も知らないくせに」で

新しい『しりこワールド』を披露させていただき

その情熱が未だ冷めやらぬ心身のまま

アルバム「もう愛も優しさもいらないよ」の

制作を手掛けました。


今年(2022年)の2月から4月にかけて

前作と同じスタジオに篭って

レコーディングに没頭。


前作「何も知らないくせに」よりも

パワフルになった僕の魂。


自分で言うのも何ですが

今作「もう愛も優しさもいらないよ」

最高傑作です!


自分以外のひとにも

最高傑作と言っていただけたら

この上なく嬉しいです。


またまた

全6曲で構成された

コンセプト・アルバム。



では

アルバム「もう愛も優しさもいらないよ」

収録作品1曲1曲の簡単な解説を・・・


1曲目 

【彼女は何も間違っていないのに】

イントロの

ジャーンというエレキギターの後に

チャララーッと追うように流れるピアノ。

この構成が自分でも好きです。


2曲目

【ゴミ箱にさえ捨ててもらえない紙クズのような女の子】

ピアノをメインに演奏しています。

冒頭には紙をクシャクシャに握る効果音が入っています。

歌詞の内容を演奏にも反映させてみました。


3曲目

【死ぬよりつらい今この瞬間】

2台のシンセサイザーをメインに多重録音。

エンディングのアコーディオンの余韻が印象的。

「アッ!」とか「ウッ!」とか

コーラスも僕一人の声を多重録音。

長時間もレコーディング・スタジオで

付き添ってくれたミキサーさんに感謝! 


4曲目

【人間の尊厳を奪われたとき精神が崩壊する】

淡々とした演奏の中に

何かを感じていただけたらと想っています。


5曲目 【心を殺されたまま生きる】

当初はボーナストラックのような位置づけで

未収録になる可能性もありました。

でもレコーディングで演奏しているとき

スタジオに居合わせたスタッフから

「これはアルバムのリード曲だね」と

言われ(そそのかされ?)堂々と収録。

アルバムが完成してから聴いてみると

自分でも「大切な曲だな」と感じます。


6曲目 【もう愛も優しさもいらないよ】

アルバムのラストを飾るのは

ピアノをメインとした作品です。

中盤でシンセのストリングスがあるのですが

12個の音を重ねて(多重録音して)います。

この部分、自分でもキュンとします。


・・・以上、簡単に解説してみました。



7月27日全国リリースですが

僕はインディーズ(自主制作)なので

CDの生産(プレス)枚数も少ないため

お店には並びません。


お店で御注文されてから

皆様の御手元に届きます。

(只今、予約受付中!)



新しいCDアルバム

「もう愛も優しさもいらないよ」


50歳のしりこが放つ

更に新しい『しりこワールド』を

ぜひ受け取ってください!!


僕を応援してくださる素敵な皆様

いつもありがとうございます。


<追伸>

もちろん僕は

まだまだ愛も優しさも

欲しいです。





Cute Melancholy Records(キュート・メランコリー・レコード)

しりこがプロデュースする音楽レーベル Cute Melancholy Records (キュート・メランコリー・レコード) store info

0コメント

  • 1000 / 1000